ノートパソコンで追加ディスプレイ

ノートパソコンで追加ディスプレイ

パソコンを買うならノート型という方が増えています。
現在のノートパソコンはデスクトップにも負けない装備であり、仕事でも趣味でも十分使えるようになっています。


しかし、ノートパソコンのディスプレイは15インチや13インチなど若干小さく、また、解像度が高い場合には文字が小さいなど使い勝手が良くないと感じる方も多いようです。その場合には追加で液晶ディスプレイを利用することが可能です。
ノートパソコンの多くは外部ディスプレイを繋げられるほど能力が高いものが多くなっています。ノート型で利用できる液晶ディスプレイは主にHDMIやDsub端子を持つタイプが多いです。

ノートPCによっては追加ケーブルでさまざまな液晶ディスプレイに繋がるタイプも有りますが、最近多いのはHDMI端子で繋がるタイプです。
HDMIは液晶ディスプレイの他に液晶テレビでも採用されているのでリビングなどでも利用できます。外部ディスプレイは不要と考える方も多いのですが、画面が広くなるばかりではなく、激しい動きにもスムーズに表示をしてくれるなどメリットは多数あります。また、持ち運びタイプの液晶ディスプレイも販売されており、追加ディスプレイに対応していないノートPCでもUSB端子で液晶を追加することができます。
ノートPCだから拡張性はいらないと考えずに、仕事でも趣味でも情報を見るスペースは増やしておいて損はありませんし、作業効率が格段に向上しますキーボードは1000円以下から数万円までさまざまな種類が販売されていますし、ノートパソコン用のキーボードも機種によってまったく異なります。パソコンの入力デバイスとしてはもっとも利用されることが多いアイテムでもありますので選ぶ際にはよく考えて購入することが大事です。

パソコン用のキーボードを選ぶ基準は使い勝手です。
打つときの感覚やキーボードを接続するためのインタフェースなども重要になってきます。
キーボードはほとんどがUSB、もしくはBluetoothでの接続となっています。


一部機種では専用のインターフェースが必要なこともあるようです。


USB型の場合はほとんどのパソコンでそのまま利用できます。ただし、Windows用の106や109キータイプと呼ばれるキーボードはMacで利用するためには割り当てられたキーを独自に解釈することが必要です。

例えばマックでよく使われるコマンドキーはWindowsキーで代用されることがあるなどです。逆にマック用のキーボードも割り当てが異なるだけでWindowsでも利用することができます。

また、Bluetoothで接続される場合はBluetoothの機能がパソコンに必要です。

ノート型の場合はBluetooth対応されていることが多いのですが、デスクトップの場合は無いことも多いです。

太陽光発電の研修をわかりやすく説明しています。









http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1361364438

http://girlschannel.net/topics/141314/

http://www.sankei-digital.co.jp/advertising/pdf/201401-03/sd_tieup_201401-03.pdf

    関連リンク

    • パソコンで使うプリンタ選び

      プリンタは写真を印刷したり、年賀状を印刷したりと一年中使えるパソコン用のデバイスです。しかし、各メーカーから毎年多くのプリンタが販売されているのでどれを選んでいいか分からないという方も多いようです。...

      detail
    • パソコンで高音質の音楽を聴く

      パソコンで音楽を聴くといえばCDを鳴らすことが多かったのですが、各ネットワークサービスではパソコンにダウンロードして自由に聞けるサービスも増やしてきています。パソコンで音楽を聴く際に注意したいのがスピーカーやヘッドフォンです。...

      detail